プロフィール


菅井敏之

すがい・としゆき

(お金の専門家、元メガバンク支店長、不動産オーナー、
 学習院大学さくらアカデミー講師)

1960年、山形県朝日町生まれ。学習院大学卒業後、1983年、三井銀行(現・三井住友銀行)に入行。個人・法人取引、および、プロジェクトファイナンス事業に従事する。2003年には金沢八景支店長(横浜)に、2005年には中野支店長(東京)に就任。

48歳のときに銀行を退職。その後、起業し、アパート経営に力を入れる。現在では、1070室のオーナーとして、年間6000万円の不動産収入がある。また2012年から8年間、東京の田園調布にカフェをオープンし、お金に関するさまざまな相談を受けた。

銀行員としてのお金を「貸す側」、不動産投資家としてのお金を「借りる側」、どちらの視点も持っていることで、安定した定期収入を築くことに成功。
資産形成のための銀行の活用法、不動産の解説には定評があり、講演やセミナーでも一躍人気講師になった。

著書『お金が貯まるのは、どっち!?』はシリーズ51万部突破のベストセラーになった。最新刊に「『一生お金に困らない!新・お金が貯まるのは、どっち!?』(いずれもアスコム刊)がある。

テレビ朝日系「庶務行員 多加賀主水シリーズ」をはじめ、銀行を舞台にしたテレビドラマの銀行監修を務める。
報道番組や情報番組などのメディアにも、お金の専門家として出演し、好評を得ている。

公式サイト http://www.toshiyukisugai.jp

ごあいさつ

私は以前は銀行員として、たくさんの資産家・お金持ちの方と接してきました。
資産運用の相談、住宅など不動産のご相談、アパート融資相談・・・

そして一方、自らも不動産投資家として、賃貸経営者として様々な経験を積んできました。たくさんの失敗もありました。

そんな経験からここ数年は、資産家の方のみならず、サラリーマン投資家など、いろんな方からご相談や講演・セミナーの依頼を頂いています。
お金の好かれる人の法則、お金の貯め方、コントロールの仕方を書いた本も執筆しました。

僕は税理士の資格もなければ、宅建の免許も持ってませんし、鑑定士の資格もない。CFPも無ければMBAも持ってません。

だけどたくさんの優秀な方を知っています。
優秀な方をご紹介することができます。

皆さんがもっている悩み、課題、やりたいことは何ですか?
その話、僕に聴かせて下さい。

菅井 敏之